読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高那エンカウント

色々な本やゲームの感想を不定期に書いていく

ラノベ紹介①

独り言

さて今度こそラノベ紹介

一言添えると言いましたが多分収まりきらないので①という事で

紹介していく順番は適当に

結構昔でうろ覚えなのもあると思いますが

ご了承ください。

 

1.ソードアート・オンライン

始めて買ったラノベがSAO

アニメの1〜2話を見たら、もう世界観に飲み込まれて続きが気になり過ぎる!と思って

衝動買いしましたね。

私自身、剣とか魔法が大好きでSAOの世界観はぐっと来るものがありました。

つい最近アリシア編の最後が出て

web版だとここで終わりだったらしく

最終巻だと思っていたのですが

最終ページでキリトは帰って来る!

読んだ時は震えましたね。

流れ的にキリトが再び剣を取るのは

人工知能うんたら戦争の時って書いてあったので、その時なのかな。楽しみです。

長く書いてしまった…

 

2.魔法科高校の劣等生

SAOの次にこれを書くとにわか臭がしますが

好きなものは好きなんです!

これは始めて原作から入ったラノベですね

SAOを読み終わった後ラノベって良いなと思い

そん時アニメ化はしてなかったのですが

少し話題になって劣等生を読んでみようってなって買いました。

今ではサイオンやイデアとか分かりますが

当時は全然頭に入って来なかった

何言ってるのか全く分からなかったけれども

読破 最初は普通の魔法は使えないけど魔法無力化が出来る人のお話だなくらいでしたね。

そのまま読む物もなかったので読み続け

九高戦のモノリスコードが始まるらへんで

がっつりハマってましたね。

今後の展開がどうなっていくか楽しみです。

 

3.落第騎士の英雄譚

これもアニメから入りました

魔法と剣の世界で魔法が得意ではなく

少ない自分の全てを絞り込む1分間強化魔法と

たゆまぬ努力を続けてきた剣の力で

勝ち進んでいく最高に熱いラノベですね

こういうのでハーレム物になるのも多いと思うのですが、ヒロインが1人だけというのが更に熱くさせる要因ですね。

刀堂さんとの戦いも良かったけど

やっぱり七星剣舞祭のステラとの決勝が

一番良かったですね。あの戦いは思い出すだけで鳥肌が立つくらい好きでした。

細かい事を言いたいのですが、それはまた

別の機会に…

 

 

いやー長くなっちゃいますね

全然中身ある事言えて無いのですが

語りたい事は山程ある

こういう時自分の国語力の低さが嫌になります

このペースだと1記事3巻紹介かな

次は特に好きな3巻を紹介します。